肘や膝は乾燥しやすい!正しいケア方法とは?

肘や膝は乾燥しやすい!正しいケア方法とは?

体の中で乾燥しやすい部分というと、どこを連想しますか?

 

目もとや口周りなど、顔の部位を考える方が多いでしょう。

 

しかし、意外に見落としがちな部位といえば、肘や膝なのです。

 

顔の保湿は毎日しっかりと行っている人は多いでしょうが、体、特に肘や膝の保湿は十分に行っている人は少ないですよね。

 

肘や膝は、体の他の部位に比べて皮脂腺が少ない部位です。
そのため、油分が十分に分泌していないのでしょう。

 

また、肘や膝は普段露出することも多い部位ですよね。

 

皮脂腺が少ないというと背中や胸も該当しますが、比較的露出の多い肘や膝は特に乾燥しやすい部分だといえます。

 

角質層内の水分量は、他の部位の半分以下の場合が多いでしょう。

 

また、肘や膝は日常生活で刺激を受けやすい部分だともいわれています。

 

洋服で圧迫されたり、外気に触れたり、擦ったり刺激を受けることで、どんどん乾燥してしまうでしょう。

 

顔の様に毎日のケアをすることが少ない部位なので、どんどん乾燥が悪化し、角質層が厚くなり、気付いたら改善が難しい程の乾燥肌になっている可能性もあるでしょう。

 

特に冬場は肘や膝のケアを欠かさないようにしましょう。

 

肘や膝を乾燥から守るためには、日々の保湿が重要です。

 

特に乾燥しやすいお風呂上りは、ボディクリームなどでしっかりと保湿をするようにして下さい。

 

ハンドクリームを塗るときに、ついでに肘や膝の保湿をしても良いでしょう。

 

顔用のスキンケアの方が保湿力が高いのでは?と思うかも知れませんが、ボディにはボディ用のケア用品が最適です。

 

顔用のスキンケアは、角質層の厚い体に使っても十分な効果を発揮することはできないでしょう。

 

体は顔よりも刺激に強い分、保湿力が高い製品が多いのです。

 

また、万が一角質層の硬さが悪化した場合は、スクラブマッサージを取り入れて見てはいかがでしょうか

 

週一程度で十分なので、スクラブまあをすると、角質層が少しずつ柔らかくなり保湿もしやすい状態となるでしょう。

 

スクラブマッサージは刺激が強いので、頻繁に行うと逆に乾燥が悪化してしまいます。
使用頻度の目安を守り、正しいケアを心がけてください。

 

継続してケアを行えば、どんどん肘や膝の保湿力も高くなります。

 

 

乾燥肌でもニキビができる

 

肌の保湿を行うことで、ニキビはもちろんさまざまな肌トラブルを防ぐことができます。

 

昔は脂性肌だった、という人も、年齢を追うごとにどんどん肌が乾燥しやすい状態になってしまいます。

 

スキンケアは、年齢と共に変えていく必要があるのです。

 

タップリと保湿をして、ニキビ知らずの美しい肌を作るようにしましょう。

 

保湿の基本は、洗顔や入浴後出来るだけすぐ、行うことです。

 

お風呂上りや洗顔後は一番水分が蒸発しやすい状態だといわれています。
すぐに水分を補わなければ、どんどん肌が乾燥してしまうでしょう。

 

脱衣所等に簡単に保湿出来るスキンケアを用意することをおすすめします。
まずは肌が濡れている状態のまま保湿をしましょう。

 

お風呂上りや入浴後にパックをすることもおすすめです。
パックをすれば保湿成分がたっぷりと浸透して、潤いを維持することができるでしょう。

 

しかし、パック時間が長すぎると逆にパックに肌の水分を奪われてしまうので注意が必要です。

 

 

洗顔にも注意が必要

 

洗顔をする時は、ぬるま湯がおすすめです。
熱いお湯で洗顔をすると、肌に必要な油分まで洗い流してしまいます。

 

適温は36度から38度くらいなのではないでしょうか。
これ以上だと、肌に負担がかかってしまいます。

 

クレンジングや洗顔料も、肌に負担がかからない優しい物を使いましょう。

 

クレンジングでおすすめなのが、ジェルやミルク、クリームタイプのものです。

 

逆にオイルクレンジングは負担が強すぎるので注意をしましょう。
どうしてもメイクが落ちないという場合は、アイメイク等メイクが濃い部分にポイントクレンジングを使って見てはいかがでしょうか。

 

 

正しいスキンケア方法

 

スキンケアは、保湿重視で選びましょう。

 

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンやエラスチンは肌の保湿効果が高い成分です。

 

他にも保湿効果の高い成分はたくさんあるので、自分に合った成分が配合されているスキンケアを選びましょう。

 

スキンケアにはステップがあります。

 

化粧水でたっぷりと水分を補い、乳液やクリーム、美容液で更に保湿をしていきます。

 

最近はオールインワンタイプのスキンケアも増えて来ましたね。
一度で簡単に保湿出来るので、肌に乾燥する暇を与えません。

 

どのスキンケアが良いという事は言えません。
自分に合ったスキンケアを見つけることが、重要です。

 

肌が弱い方は無添加素材のものを、部分的な保湿が酷い方は部分用美容液を使ってください。

 

自分の肌に合ったスキンケアで丁寧にケアをすれば、乾燥肌もニキビも改善します。

アットベリーで黒ずみケア