寒い時期は肌が乾燥しやすい!正しい乾燥対策

寒い時期は肌が乾燥しやすい!正しい乾燥対策

寒い時期は、空気が乾燥しているので肌の乾燥が悪化しやすいでしょう。
室内にいても、エアコンやこたつが原因で肌が乾燥してしまう場合があります。

 

冬の乾燥を軽減する為には、いくつか注意点が必要です。

 

まず、顔を洗い過ぎないようにしましょう。
本来人の肌は、水洗顔でも十分汚れを落とすことが出来るように出来ています。

 

肌への負担を考えるのであれば、洗顔料で洗い過ぎることはおすすめしません。

 

また、負担の強いオイルクレンジングを使っていても肌が乾燥する場合もあります。
洗顔とクレンジングを見直してみましょう。

 

 

入浴中は肌の乾燥がどんどん進行してしまうでしょう。
特に熱いお湯に入っていると、乾燥は悪化してしまいます。

 

入浴は、適度な温度にするようにしましょう。
また、入浴後出来るだけすぐに保湿ケアをするようにして下さい。

 

出来るだけ早く皮膚に水分を与えることで、肌の乾燥を抑えることが出来ます。

 

 

加湿器を設置することもおすすめです。

 

肌の蒸発した水分は、加湿器で補うことが出来ます。
加湿器が無い場合は、室内に洗濯物を干すことで加湿器の効果を与えることが出来るでしょう。

 

濡れたタオルを干すだけでも十分加湿効果を実感することが出来るのです。

 

それでも乾燥が収まらない場合は、保湿効果の高いスキンケアを使うことをおすすめします。

 

夏も乾燥する

 

肌の乾燥が悪化するのは冬場だけだと思っていませんか。
実は、夏も乾燥がひどくなってしまう場合があります。

 

一番の原因は紫外線でしょう。
エアコンが原因で乾燥してしまう場合もあります。

 

どうすれば夏の乾燥を抑えることが出来るのでしょうか。

 

大切なのは、保湿です。
朝と夜にきちんと保湿をしていれば、日中、そして朝起きてからの乾燥を防ぐことが出来ます。

 

保湿効果の高いスキンケアを丁寧に塗ることで、乾燥は抑えられます。
スキンケアは出来れば、たっぷりと化粧水を塗ってから乳液、クリーム、美容液を保湿を重ねた方が良いでしょう。

 

重ねれば重ねる程肌に水分が行き渡りますし、乾燥しにくい肌を作ることが出来ます。

 

 

しかし、忙しい人はなかなかスキンケアに時間を割くことが出来ませんよね。

 

そんな人は、シンデレラタイムのゲルパックを使用してみてはいかがでしょうか。
ゲルパックには、高分子ヒアルロン酸や低分子ヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分を始め、肌に良い成分がたっぷりと含まれています。

 

ゲルパックを塗るだけで化粧水、乳液、クリーム、美容液、パック、マッサージクリームの効果を実感出来ますし、十分な保湿をすることが出来るのではないでしょうか。

 

お風呂の温度にも注意

 

冬場は寒いので、普段よりも熱めのお風呂に入ったり、熱いシャワーを浴びる事も多いでしょう。
しかし、熱いお湯で体を洗うと乾燥が助長してしまうことはご存じですか。

 

冬場はただでさえ、空気が乾燥している時期です。
そんなときに熱いお湯を肌にかけると、水分が蒸発し乾燥が悪化してしまうでしょう。

 

お風呂の温度は、37度から40度程が適温だといわれています。
これ以上だと、肌への刺激が強すぎるのでおすすめできません。
熱いお湯のお風呂は確かに気持ちが良いかも知れませんが、皮膚へのダメージが大きくなってしまうでしょう。

 

低い温度でも、長時間入ると心地良さを感じますし体も暖まるのではないでしょうか。

 

お湯に浸かる時間は10分以上がおすすめです。
肩までゆっくりと入ることをおすすめします。
ぬるめのお湯に長時間入れば、自律神経の働きが活性化して免疫力が高まるといわれています。

 

シャワーも、38度くらいが適温です。
熱いお湯の方が汚れをしっかりと落とせそうな気がしますが、熱過ぎると必要な皮脂まで落としてしまう可能性が高いでしょう。

 

また、入浴後は出来るだけすぐスキンケアをしましょう。
すぐにスキンケアが完了するオールインワンタイプの商品であれば、保湿効果も高いかも知れませんね。

 

アットベリーで黒ずみケア